Skip to content

歯医者で用いられるマイクロスコープ

近年、歯医者ではマイクロスコープを用いて治療を行うところが増えています。
東京のマイクロスコープに関するアドバイスです。

これは、肉眼の25倍まで視野を拡大できる顕微鏡のことです。

歯の悪い箇所をより明確に診断できるので、精密な治療ができます。

従来では、ほとんどの歯医者では虫歯などを肉眼で治療をすることが多かったです。しかし、肉眼では患部を正確に見る事ができず、小さな虫歯、菌の感染部分の取り残しが起きやすかったです。
そのため、治療後、数年経過すると虫歯部分が再び痛むということを繰り返していたのです。

また、肉眼では、虫歯で削った部分に詰め物をする時にも、詰め物と歯との間に隙間ができやすいという問題もありました。
その部分に虫歯菌が溜まって、また虫歯になってしまうケースが多かったです。しかし、マイクロスコープを使用することで、より正確に治療が行えて再発のトラブルが減っています。

歯医者の治療の中で、最も繊細と言われているのは歯の神経の治療です。
そもそも神経が入っている歯の根の中というのは、非常に複雑な形をしています。

したがって、肉眼だけで治療を行うと、確実に正確な治療が行えません。歯の神経をきちんと取れなかったり、虫歯菌なども完全に除去することができないという問題が有ります。

しかし、マイクロスコープを使用することで、歯の根管内を拡大してしっかりと見ることができます。そのため、より精密で正確な治療が可能になっています。

もはや歯医者にとって欠かせない道具といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *